アドセンスに「スポンサーリンク」は必要なの?いらないの?

アドセンスの広告を確認していると、広告の上に「スポンサーリンク」と入っているブログを目にすると思います。しかし、最近アドセンスを始めた方から、このような質問をいただきました。

 

「アドセンス広告にスポンサーリンクの表記があるブログやサイトがあるけど、あれって必須なの?」といった質問です。

 

私は最初にアドセンスを教わった方からは、広告の上にスポンサーリンクを必ず入れるようにしましょう!と言われたため、その後は当たり前のように、アドセンス広告の上には、入れていました。

 

しかし、確かにスポンサーリンクがブログやサイトも存在するので、私はアドセンスを始めた方に正しい情報を伝えるためにも、徹底的に調査することにしました。

 

という事で今回は、アドセンス広告の上部に「スポンサーリンク」の記載は必要が?必要ないか?に関してご紹介します。

 

では早速確認していきましょう。

 

「スポンサーリンク」ってどんな意味があるの?

そもそも、スポンサーリンクって何なの?といった疑問を持っている方もいると思うので、ここで説明させていただきます。

上記のアドセンス広告の上にある「スポンサーリンク」という表記が今回の疑問です。

 

スポンサーリンクとは「スポンサー」と「リンク」を組み合わせたものです。要するに、『広告主(スポンサー)のリンクですよ。』ということですね。

さらに簡単にいうと、読者さんに「これは、広告ですよ!」としっかりと、お知らせをしてあげているということです。

 

では、ここからが本題です。スポンサーリンクが必須なのか?どうか?

アドセンス広告の上の「スポンサーリンク」は必須か?

スポンサーリンクが必要か?どうか?を調べるのに、もっとも簡単な方法を私は気づいてしまいました。

それは、アドセンスさんに直接聞けばいいということです。そのため、まずはアドセンスのホームページを確認させていただいたところ、何とすでに答えを発見してしまったんです!!

 

では、以下アドセンスからの引用文をご確認ください。

 

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google ディスプレイ広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。

 

どうでしょうか?

上記のアドセンスのポリシーを簡単にお伝えすると、読者さんに広告なのかどうか分からないような、誤解を招いてしまう広告の配置は止めましょう。
それを回避するために、広告に「広告」または「スポンサーリンク」を表記してもいいですよ!といったことですね。

 

つまりどこにも、スポンサーリンクを必ず使用して、表記してください!なんてことは書いていなかったのです。

 

という事で正解は、読者さんに誤解されないように、貼ってもいいし、別に貼らなくてもいいということでした。

 

あれっ!?確かに貼ってないサイト発見!

冒頭でもお伝えしましたが、確かに「スポンサーリンク」の表記がないブログやサイトもたくさんありますからね。

一部ですが、以下のブログではスポンサーリンクの記載がありませんでした。

はてなブログ

gooブログ

 

私は表記のないサイトに関しては、アドセンスから「あなたのサイトは特別に表記しなくていいですよ♪」とVIPな対応をされているサイトかと思っていましたが、そうでもなかったようです。笑

 

多くのブロガーが「スポンサーリンク」を入れてる理由

ここまで読んでいただき、スポンサーリンクは特別入れる必要がないということが分かりました。しかし、なぜ多くのブロガーはスポンサーリンクを入れているのでしょうか?

 

特に個人の独自ドメインで作成したアフィリエイトブログなんかを確認すると、多くの皆さんがこぞって、表記をしています。

 

実はこれには理由があったんです。『伝染していった・・・』というのが一つの答えとなります。・・・どういうことかというと、昔からアフィリエイトをやっている方がスポンサーリンクと表記していました。また、トップアフィリエイターと呼ばれる多くの金額を稼いでいる方も表記をしている方が多かった。

 

そのため、特に表記はしなくてもいいけど、トップの方が表記しているなら、私も表記しよう!または、表記しなくてはいけないんだよ。といった誤情報が時間の経過とともに流れていったためだったようですね。

 

では、そんなルーツを知った私たちは今度は入れる?入れない?どうする??

 

結局私たちは入れる?入れない?どっちがいい

 

別に入れる必要はないということが分かったけど、多くの方が入れてるなら、確かに入れた方が無難な気がしますよね。

しかし、入れるも入れないも個人の自由ということになります。

そのためアドセンスのポリシーを今一度思い出していただき下記に従い判断すればいいと思います。

 

  • 読者さんに誤クリックをさせてしまう危険性があるなら入れた方がいい。
  • 特に心配ないし、広告だとしっかりと分かってもらえるなら入れなくてもいい。

 

といったように判断をして決めればいいと思います。

 

極端な例でいうなら、「※下記に詳細が載ってますよ」と記載のある下にあなたのお知らせしたい記事のリンクがあります。
そしてその真下にアドセンス広告があったとしても、下のようにスポンサーリンクの表記がなければ、読者さんを広告に誘発していると見なされてしまう可能性が出てきます。

 

 

このような心配がブログやサイトにあるなら、スポンサーリンクを入れた方がいいということになりますね。

ちなみに、私は今のところは、念には念を入れよ!ということで、スポンサーリンクを入れていきます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、アドセンス広告には「スポンサーリンク」の表記は必要なのか?に関してご紹介してきました。

結果としては、このような表記は必須ではないということでした、

 

読者さんに誤解を与えてしまう恐れがあるなら、入れる、心配ないなら、入れない、といった判断でいいということ。

しかし、何かヒューマンエラーがあって、誤解を招いてしまう広告の配置になった際には、アドセンス側から『警告』を受ける可能性があるので、注意したいところですね。

 

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!