テキスト形式の情報商材で稼ごう!PDFの作り方と売り方は?

writing

情報商材で稼ごうと思ったら、動画や音声を編集するのもいいですが誰でも始められるのはやっぱりテキスト形式です。

今回は最も一般的なテキスト形式の情報商材であるPDFファイルの作成方法と、情報商材の売り方を紹介します!

  • どんな文章にすればいい?
  • どこで売ればいい?売り方は?
  • まとめ
  • テキスト形式の情報商材の作り方は?

    text

    PDFファイルが一般的です!

    テキスト形式の情報商材を作ろうと思ったら、最も一般的なPDFファイルで文章を作成するのがオススメです。

    PDFというのは拡張子の一つです。拡張子がわからない人は、文章データの種類の一つだと思ってください。

    多くの情報商材がPDFファイルを採用しているのにはちゃんとした理由があります。これから説明していきますね。

    どんな理由があるの?

    PDFファイルはほとんどのパソコンやスマートフォンで見ることができます。マイクロソフトのワードなんかだと、入っていないパソコンもあります。

    全てのデバイスで見られるという意味ではtxt形式(メモ帳やワードパッド)もありますが、PDFはおしゃれに装飾した文章を保存できるので見栄えを重視したい商材に向いているんです。

    また基本的にはPDFに書かれた文章を書き替えることはできませんので、勝手に書き換えられることへの対策としての意味もあります。

    どんな文章にすればいい?

    lady

    見出しと構成を決めよう!

    文章を書き始める前に、まずは見出しと構成を考えましょう。具体的には、全十章で各章にいくつかの見出しがあるような構成が一般的かと思います。

    読者はまず目次を見ますので、見出しと構成がキレイにできていると、どんな内容なのか、どこから読めばよいのかがわかりやすいです。

    いきなり本文から書き始めてしまうと思いついたことを書き殴って統一感のない文章になりがちです。初めに方向性を示しておきましょう!

    見栄えには気を遣おう!

    PDFファイルにする理由の一つでもあります。色遣いやアンダーライン、改行などで見栄えの良い文章を作成しましょう。

    情報商材は教科書や論文ではないので、質素な文章にする必要はありません。派手な資料になってしまってもよいのです。

    それよりも重要なところを強調したり、改行でページを変えたりして、読む人が楽に読めるようにすることが大切です。

    どこで売ればいい?売り方は?

    shop

    自分のホームページで売る方法

    最もオーソドックスなのは自分のホームページで販売する方法です。自分のページなら好きなようにカスタマイズができますので、上手く誘導ページを作ることも可能です。

    応用技としてはツイッターなどのSNSを使う方法もあります。いずれにせよ、集客可能な方法を考えて売る場所を決めることが重要です。

    欠点としてはある程度育ったホームページでないとPVが稼げないことです。そういった方は次のココナラを使う方法がオススメになります。

    ココナラで売る方法

    自分のホームページを持っていない人は、スキルのフリーマーケットと呼ばれているココナラを使って売る方法がオススメです。

    ココナラを使えばは多くの人が見てくれるし、直接のやり取りではなくココナラを仲介して売ることでトラブルを防ぐこともできます。

    無料で登録ができる上にすぐ出品ができますので、こちらのリンクから登録してみて下さい!

    まとめ

    情報商材は誰でもすぐ始められる初心者向きの副業です。その他の副業も試したい方は次の記事もご覧ください!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です